2009年 12月 20日

雪山

片山右京さんの仲間が富士山で亡くなってしまった。

ちょうどそのころ、そこから200Kmも離れた我が家からも富士山がきれいに見えていて、
『ああ、優美で穏やかで、やっぱり富士山は日本の象徴だなあ・・・』なんて、のんきな
ことを考えていたんですが、まさかそこでこんなことが起こっているなんて、考えもしません
でした。

山って、下から見てると、ほんとに簡単に行けそうな気がするんですよね。

写真は、エベレストです。
標高5500mのベースキャンプ近辺から撮った写真なので、あと3000mも垂直に登れば頂上です。
あと3Km。渋谷と原宿ぐらいの距離だと思うと、なおさらいけそうですね。

自然のすごさというものをたまに思い知らされることがあります。


a0151697_941295.jpg

ここが世界のてっぺん。
[PR]

by katsumihir | 2009-12-20 09:40 | 日常


<< 心の余裕      ジュエリー撮影 >>